♂♀さとっちゃんねる♀♂

 京都のラーメンを中心とする「京都ネタ」を中心にアップしておりまする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレーセット【味蔵】

20061114120410.jpg


この日大将はプレステ3について大いに語ってくれた。
以外とゲーム好きなのね。

結構プレステ3はトラブル続きだというが、eちゃんなんかはトラブルも楽しみの一つらしいと大将は語ってた。ヤツは真性なMだったのか..(笑)

ジャガーやロータス、マセラティ愛好家なんかも、ある意味トラブルを楽しんでるんやろね。



四川風冷麺&つけ麺 【味蔵】

20060704152902.jpg

20060704153036.jpg

20060704153239.jpg

20060704153305.jpg




7/1から発売された四川風冷麺
なんとオイラの注文が初めてのオーダーだったそうな。

今日食べた四川風冷麺は決して辛くはなかった。
ほぼ万人に受け入れられる程度のピリ辛程度。
酸味と甘みと辛味の絶妙なバランスがとれていて旨い。
クーラーの効いた店内でチュルチュルチュル~と一気に食べてしまった。

さてお次は「つけ麺」か「カレーつけ麺」か迷っていたら、大将が「どちらも出しますわ」と言ってくださったので、
「よろぴくどんぞ~」と注文。

豚骨:鶏ガラ=8:2ぐらいの割合から作られるタレは、
胡麻の風味とスパイシーな生姜が旨味を後押ししている。
大将のお母さんが「これを冷たく出したいんです。」と言っておられた。
なんとか完成させてほしいものだ。

紅生姜と海苔のトッピングが良くマッチしていて旨い。

裏メニューのカレーつけ麺は、鶏ガラ主体のスープでカレー出汁を作られている。
大将の優しい人柄が、やはりら大辛にはできないのだろうか、マイルドな辛さだ。
しかしカレーの風味は際だっていて、カレー好きな方にはお奨め。
結構タレが多いので残りをライスでシメるのも良いだろう。

やはり味蔵は安定して旨い。


満足度【85%】
再来店度【100%】



住所   :京都市中京区堀川錦小路上ル東側
TEL  :075-211-7771
営業時間 :AM11:30~PM3:00
      PM5:30~PM11:00
      日曜日は昼間部のみ
定休日  :年中無休
P     なし 

四川風ラーメン 【味蔵】

20060211101231.jpg


味蔵らしいシンプルなルックス。

マイルドな辛味であろうとスープを啜ると結構な辛さ。期待以上に旨い!

豆板醤に生姜とニンニクを合わせて炒めた物がスープの辛味の主成分らしいが、
決して生姜やニンニクのアクの強い個性をあまり感じることなく、
絶妙のブレンドがされていることが解る。

食べ進むうちに頭皮にジワッと汗をかくほどの辛さだが、
甘みのある和風出汁が辛味をうまくコントロールしているように思える。

大将が「辛いのお好きなら、今度カレーつけ麺を食べてみてくださいね。」と
おっしゃってくれたので次回はソレを食べてみようと思う。
たしか..いっちゃんが食ってたかな。

いつきても大将は愛想よくラーメン談議に華を咲かせてくれるが、
非常に温厚なおばちゃまも本当に癒し系キャラだ。

いつまでも現役で頑張って欲しいと心より思う。



【麺屋しゃかりき】ぶっかけそば

20050930142051.jpg



なんともそそられるルックス。

真ん中に堂々と乗っかっている黄身がアクセントとして美しい。

しかしその美しいルックスを、グチャグチャにかき乱し味のハーモニーを楽しもう。

甘辛のスープと太麺の相性はなかなか良い。
ボリュームも満点だ。

具のメイン「スジ煮込み」はおおぶりで食べ応え充分にして旨い。

ただ食べ進む内に、スジ煮込みの塩分濃度の高さとスープのダダ辛さに少々飽きてきて、
喉がカラッカラに渇いてしまった...

一口目のアタリとしては充分なのだが、このアタリが延々と最後まで続くとなると少々キツイ。

基本的な調味料をもう少し控えめにした方が、
最後まで飽きずに食せるのではないだろうか。


しかし非常に高品質なスジ肉であったことは間違いない
こんなスジ肉が手に入ったら、オイラは迷わずスジ肉煮込みカレーを作ってしまうだろう。

う~ん。ほんとに良いスジ。


【麺屋しゃかりき】

住所 京都市中京区千本丸太町西入ル北側

TEL 075-813-5189

営業時間 AM11:00~PM10:00

定休日 第1・3火曜日

徳福【vivi二条店】

20051007164949.jpg

20051007165010.jpg

20051007165039.jpg

20051007165104.jpg

20051007165129.jpg


券売機で食券を買い、娘とT氏家族より先に入店。
食券を店員の女の子がテーブルまで取りに来て、すぐに厨房へ...
おいおい、水はセルフなのかよ?どこにウォーターサーバーがあるのよ?
テーブル上にポットは置いてあるのだが...コップが見当たらない。
娘が「喉かわいた..お水飲みたいよぉ...」というので、
わざわざ厨房前に「お~い!コップくれや!」と言いに行くと、
驚いた様子の店員に無言でコップを渡された。

T氏家族と共にテーブルに落ち着き、店員に「子供用のお椀下さい」とT氏が言うと
「いくついりますか?」やと。ボケ!カス!アホンダラ!お前の目は節穴か?
目の前に子供が二人いるやんけ!ドアホか!と心の中で叫んでいた。
(こりゃヤバイなぁ..キレそうやんけ..あかんあかんT氏家族もご一緒やし、娘もいる...)
なんとか星一徹状態になりそうな自分を抑えた。

今更「徳福」についての説明はいらないと思うが、驚いたのは娘に大好評だった事だ。
どこのラーメン屋に連れて行っても、こんなにおかわりするほど食べなかったのに、
なんとT氏の奥様のラーメンまでいただいてしまった。

徳福のマイルド?なスープは子供にウケが良いのかもしれない。

子供には無理だが、オイラだけ激辛冷麺も食ってみた。
激辛というには程遠いマイルドな辛さであるが、具も多く酸味が非常に効いていて
思わず王将の餃子のタレを思い出したが、そんなに悪くはないと思う。

しかしオープンしたばかりの接客とは到底思えない、
頭の悪いスタッフのフロアさばき。不親切さ。

粒麺小路で撤収したばかりのリベンジ戦とは到底思えない、
低い経営理念を感じさせる。

すでにその結果がちゃんと表れている。

「たかばし」は行列が出来ているのに「徳福」は客待ちなし。
とりあえずもう少しマシなフロア係を入れるか、教育し直しが課題だろう。



TEL     (075)-852-0678
営業時間    1100~2300
定休日         無休
メニュー   中華そば600円・肉玉900円
パーキング 30分100円

«  | HOME | 

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

♂♀さとっちゃん♀♂

♂♀さとっちゃん♀♂

京都府出身

趣味:Bグル・BAND活動・温泉でまったり

【BACK-LARD 】-VO.


ブログ内の評価及び批判は全く管理人個人の趣向・感性によるものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。