♂♀さとっちゃんねる♀♂

 京都のラーメンを中心とする「京都ネタ」を中心にアップしておりまする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【味苑】坦々面&ラーメン

20051115095553.jpg

20051115095622.jpg

20051115095721.jpg

20051115095745.jpg

20051115095822.jpg


入店すると軽快な中国音楽が店内に響き渡っており、
「おお、アジア~ン!」と思った矢先、見渡すと満席!

しかしスタッフの女性に、即座に合い席ながら設けていただいた。

おそらくスタッフ全員が中国の方だろう。

即座にオイラは「坦々面」を注文した。

ここのメニューには「坦々麺」ではなく「坦々面」と書いてあるのだ。

出てきた「坦々面」は非常に柔らかめの極細麺で、スープは少な目であった。

日本人が作る坦々麺のスープよりも粘度が高く、麺に絡みつく感じだ。

クコの実やナッツ類が多めにトッピングされており、時折「パリッ!コリッ」という食感がたまらなく良い。

スープは想像したよりも辛くなく、複雑な旨味が溶け込んでいて旨い!

ここの看板シェフはなんと「中国政府公認-特級調理師」というプロフィールだ。

先週、料理に詳しい中国人としゃべっていた時に、
「特級調理師免許って取得するの難しいの??」と聞いたら、
「そりゃ難しいですよぉ!」と言っていたから、相当な努力と経験を積み重ねてこられたのであろう。


なんといっても味苑は四川料理の店だ。
特級調理師の四川料理といっても定食があり非常にリーズナブルである。

ノーマルなラーメンも簡素な味ながら、よく味わうとそこらの中華屋のラーメンとは別格だ。


豚肉の激辛煮(¥924)
某ラオタM氏の好きそうなトンソクの四川風煮込み(¥819)
野生タケノコの鍋(2名・¥2625)は医食同源のヘルシー鍋。

数種の唐辛子を使い分けるメニューは、注文時に辛さの調節もできる。

座敷もあるし、二階には宴会もできるスペースもある。


店外に出てから外観を撮影していると、中から愛想の良い女性スタッフが出てこられて、
「ぜひまたお越し下さいね」とおっしゃってくださり、名刺までいただいた。
辛い物好きなオイラだからねぇ。名物「火鍋」もぜひ食いに来るつもりである。


【四川料理 味苑】


場所   伏見区竹田七瀬町12-4
    (R24と名神の交差を南すぐ西側・地下鉄竹田駅を東へ徒歩3分)

電話   075-647-9119

営業時間 AM11:30~PM2:30  PM5:30~PM11:00



スポンサーサイト

コメント

某ラオタM氏<


つぅ事は“トンソクの四川風煮込み”はお好きだということね。

某ラオタM氏です。
今の中国では麺を面と書きます。

Yちゃま<

恐らくYちゃま好みのメヌー満載でっせ。

多人数でなきゃ、いろいろ種類食べれないから、近々辛党マニアのおっさん達でオフりますか。。二階にエエ感じの座敷もあるし。

この店、京都新聞夕刊の著名人のお薦めする店みたいなコーナーで紹介されてましたよ。一度行ってみたいもんです。

ここはどうやら穴場の匂いがプンプンしてます。
「火鍋」っつうのを食ってみたいっす。

みんなで汗かきながら酒を飲み交わすのもオツですなぁ。

四川料理ええっすねえ。好きです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lockingdancer.blog3.fc2.com/tb.php/83-acb5731e

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

♂♀さとっちゃん♀♂

♂♀さとっちゃん♀♂

京都府出身

趣味:Bグル・BAND活動・温泉でまったり

【BACK-LARD 】-VO.


ブログ内の評価及び批判は全く管理人個人の趣向・感性によるものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。