♂♀さとっちゃんねる♀♂

 京都のラーメンを中心とする「京都ネタ」を中心にアップしておりまする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪ラーメン

20070130105537.jpg

20070130105601.jpg

20070130105620.jpg



京都ラーメンマップの武ちゃんマンと、月曜ラーメンツアー。

ラーメン軍団に行ったら前方から「きんせい」の大将と、
ハシダ・メンさんとバッタリ。
「今日は休みみたいっすねぇ..」とがっくり。
「やっぱりゾンビが背脂まきちらしたせいですかねぇ..」と
ゾムビィネタで大いに盛り上がった。

その後亜喜英へ..レポは後ほど。

いよいよ「妖怪ラーメン」を食べに大将軍商店街の
「いのうえ」へ向かう。

この商店街は「妖怪ストリート」と化しており
各お店の店頭にオリジナルの妖怪がオブジェクトされている。

ビジュアルコンセプトのみで構成されていると言っても過言ではない「妖怪ラーメン」。

【主な具材たち】
大きめのチャーシューの上の真っ赤なパプリカ。
ルックスと違い全く辛くないので辛味が苦手な武ちゃんマンも安心だ。
真ん中のピータン。ニラ、甘みのある椎茸。

【紫色の麺】

麺は鮮やかな紫色で非常に美しい。
これはクチナシを調合して麺に混ぜて発色していると
大将自らがおっしゃっていただいた。

【黒いスープ】

イカスミを調合して黒さを演出している。
ちなみに脂質が多いと黒色が出にくいそうだ。
したがって脂質は非常に少ないスープである。


いかにも「地雷」が漂うラーメンだが、
こちらも百も承知で食べに逝ってるので、中途半端な地雷では物足りないが、
ここまでくれば「妖怪ラーメン」の名に恥じない、
ある種、一流ビジュアル系ラーメンとして胸を張ってもらいたい。


近年、商店街というのは本当に存続の危機さらされており、
イベントをする元気もなくなっているのが実像だが、
大将軍商店街は底力を振り絞って「妖怪ストリート」という商店街興しに奮闘している。

次回、訪れる時は気さくな大将とじっくり語ってみたい。

がんばれ!いのうえの妖怪ラーメン!

【いのうえ】

住所:京都市上京区一条通御前西入る
電話:075-461-7019
営業時間:11:00~14:30 17:30~21:00
定休:火曜



スポンサーサイト

コメント

せっぴあさん初めまして。

「いのうえ」の妖怪ラーメンのスープはビジュアルにこだわっているため、
イカスミの黒色が強調されるように脂質が本当に少な目です。

ですから「ラーメンの味」としての期待感は難しいところです。

しかしながらオリジナリティ溢れるスープです。

ぜひ機会が有れば味わってくださいませ。

ついでに妖怪資料館にもぜひどうぞ!

いかすみスープ

初めまして。せっぴあと言います。
いかすみ Fun Club 会員です。
京都にもいかすみ味のラーメンがあるんですね。是非今度行ってみます。
いかすみスープは、ラーメンに意外に合いますよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lockingdancer.blog3.fc2.com/tb.php/223-6915063c

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

♂♀さとっちゃん♀♂

♂♀さとっちゃん♀♂

京都府出身

趣味:Bグル・BAND活動・温泉でまったり

【BACK-LARD 】-VO.


ブログ内の評価及び批判は全く管理人個人の趣向・感性によるものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。