♂♀さとっちゃんねる♀♂

 京都のラーメンを中心とする「京都ネタ」を中心にアップしておりまする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAMES BROWN デビュー50周年記念コンサート

jb.jpg




JBに40年以上も仕えるMCダニーレイが客席を煽る。

「皆さん!用意はいいですか!」「ゴッドファザーに逢いたいですか!」
「踊る準備はできていますか!」「もっと大きな声でキング・オブ・ソウルを呼んでください!」

JAMES BROWN! JAMES BROWN! JAMES BROWN! JAMES BROWN! 
JAMES BROWN! JAMES BROWN! JAMES BROWN! JAMES BROWN! 
JAMES BROWN! JAMES BROWN! JAMES BROWN! JAMES BROWN! 

「皆さん!史上最強のキング・オブ・ソウル!JAMES BROWN!!!!!」

トリプルドラム、ツインベース、コーラス、ホーンセクション、ギターなど総勢20名のバックセクションのリズムと、
満員のオーディエンスの手拍子と大歓声の前にゴッドファーザーはついに現れた。


            “死ぬまでステージに立つ” とはこういう事なのか...


老体に鞭打ちながらも踊り、シャウトするJBの姿には“本物”だけが発するオーラが漂っていた。


最前列とステージの間にはJBが観客とコミニュケートできるように踊り場がセッティングされており、
いきなり最前列の客にハグし、自らがつけていた蝶ネクタイをプレゼントするというパフォーマンスからスタートした。

オイラは約2メートルの至近距離で何度もJBの顔を見ていたが、
顔はエネルギッシュに溢れ、決して年齢を感じさせなかった。

どうしてもオーディエンスに伝えたいメッセージがあったのだろう。
日本語通訳のスタッフをステージに呼び出し、熱い言葉を伝えてきた。

「今の世の中は人の心が荒んでいる。もっと人と接して愛し合って欲しい。
今、貴方の右にいる人を愛しなさい。そして左にいる人も愛しなさい。」

オーディエンスから地響きするような歓声と拍手がJBに送られた。


オイラは前座30分、JBのステージが1時間と予想していた。
しかし実際は前座なしの2時間以上のパフォーマンスだったことには、
何よりも客とステージを大切にするJBの心意気がうかがえた。

ラストナンバーはもちろん「セックスマシーン」。

ブロンドのセクシーダンサーを従え、“キングオブソウル健在”ぶりをアピールしていた。

伝説のピアニスト“ホロビッツ”が最初で最後の日本公演を行ったとき、
ある音楽ライターは「骨董品にひびが入った」と評していたが、
骨董品にひびが入ろうが、かち割れていようがそんなことはどうでもよい。
JBが80歳で来日しても、オイラは必ず会いに行くだろう。

ステージ上で、もし杖をついていても、車椅子にのっていてもJBに変わりはない。


伝説になるアーティストとは、存在そのものが伝説なのだから。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lockingdancer.blog3.fc2.com/tb.php/128-194e2a04

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

♂♀さとっちゃん♀♂

♂♀さとっちゃん♀♂

京都府出身

趣味:Bグル・BAND活動・温泉でまったり

【BACK-LARD 】-VO.


ブログ内の評価及び批判は全く管理人個人の趣向・感性によるものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。