♂♀さとっちゃんねる♀♂

 京都のラーメンを中心とする「京都ネタ」を中心にアップしておりまする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムチうどん【和の一杯】

20060228123943.jpg

20060228124001.jpg



「和の一杯」がコンセプトらしいが、麺がうどんであることを除けばこりゃ完全に中華だわ。

キムチベース味なのだが、辛さの中にくどすぎる甘みが居候しており、
かなりイヤラシイ味になっている。

キムチの酸味を生かし、甘みを抑えて昆布と鰹を引き出した方が、
ググッとくるのではないか...


ハイッ!消えた!
スポンサーサイト

塩担担麺

20060228124805.jpg

20060228124822.jpg



注意すべきは後入れスープ類が蓋の上の温度では溶けにくいこと。
できれば別の器に熱湯をいれて温めておこう。

麺はノンフライにしては食感がちょっと変わった細縮れ麺。

スープ自体の辛さは控えめであっさりだが、多めの背脂と芝麻醤で深みのある味だ。

なかなかどうしてスープは旨い。いやはや旨いぞぅ。。

知らぬ間に完スペしてしまったよ。

とりそば【ゆず風味仕立て】

20060228101223.jpg

20060228101247.jpg



鶏団子がうまカワイイ。

マンゴー果汁が入っているらしいのだが、一体どこにそれが必要なのか...

スープは超あっさりめの鶏スープで、最近食べた中で最も脂質が控えめな気がする。
いや過去最高に脂質の少ないカップ麺かもしれない。

白ご飯のおかずにはとてもじゃないがなりそうにない。

結構じっさま、ばっさまにプレゼントしたりすると、
「おぉぉ..最近のインスタントも変わったのぉぉぉ..ラーメンに柚子とはのぅぅぅ」と
カルチャーショックを与えられた上に、結構喜ばれるかもしれない。

年寄りと同居している方にはぜひ食べさせてあげて欲しい一品だ。

亜喜英(あきひで)

20060225115802.jpg

20060225115818.jpg

20060225115854.jpg

20060225115925.jpg




「ふけ顔注意」のキャッチは楽しいね。

学生証を提示しなくても、学割が顔によっては有効とのこと。
ちなみにオイラが注文したら断られるだろうか(笑)


今更なんだがオイラは美容師だ。
以前「100円カット」を学生対象に行ったことがあるのだが、
閉店間際に、なんぼ目を凝らしてみても50歳以上の女性がセーラー服を着てやって来た。
「あの...学生なんですけど...」照れくさそうに申告されたので、
「あっ高校生ですね!どうぞどうぞ!」と100円でカットをしてあげたことがある。

娘の制服を着てきたのであろうか...ダンナの趣味か...(爆)

いずれにせよ、その根性に敬意を表して100円でカットさせていただいたのだった。

亜喜英のサービスキャッチを見ていて、ついその事を思い出したのであった。

さてラーメンだが、これまたキャッチーだ。

水と豚骨、鶏ガラをじっくり煮込んで乳化させたスープは見た目よりもずっとアッサリで飲みやすい。

元ダレとの相性も良いのであろう。なかなか旨い。

少々残念だったのは、スープ量が少し足りないと思った。
旨いと思ったからこそ、もう少し欲しいと思うのはユーザー側のわがままなのだが...

サイドメニューもそそられるものがあった。次回はぜひ食べてみよう。

T氏に「さとっちゃん、大将にさとっちゃんの事話してたら、ぜひお会いしたいと言ってはったで」と聞いていたので、
声をかけようかなと思っていたのだが、客が途切れることもなく忙しそうだったので、ご挨拶はまた次回ということにした。

T氏によると、なにやらディープな話題でオイラと共通点があるというのだ。
つぅことは...アッチ系か、ソッチ系か、コッチ系か?
まぁ次回のお楽しみということにしよう。




住所   京都市左京区一乗寺北大丸町5-2

TEL  075-702-5611

営業時間 AM12:00~PM2:30
     PM6:00~PM12:00
定休日  月曜日  【祝日の場合は翌日】







タニス・ベルビン

20060211131224.jpg



アイスダンスが楽しみなんだなぁ。

タニスは最高なんだよなぁ。

お見逃しなく!






四川風ラーメン 【味蔵】

20060211101231.jpg


味蔵らしいシンプルなルックス。

マイルドな辛味であろうとスープを啜ると結構な辛さ。期待以上に旨い!

豆板醤に生姜とニンニクを合わせて炒めた物がスープの辛味の主成分らしいが、
決して生姜やニンニクのアクの強い個性をあまり感じることなく、
絶妙のブレンドがされていることが解る。

食べ進むうちに頭皮にジワッと汗をかくほどの辛さだが、
甘みのある和風出汁が辛味をうまくコントロールしているように思える。

大将が「辛いのお好きなら、今度カレーつけ麺を食べてみてくださいね。」と
おっしゃってくれたので次回はソレを食べてみようと思う。
たしか..いっちゃんが食ってたかな。

いつきても大将は愛想よくラーメン談議に華を咲かせてくれるが、
非常に温厚なおばちゃまも本当に癒し系キャラだ。

いつまでも現役で頑張って欲しいと心より思う。



真骨頂 濃厚豚骨醤油ラーメン

20060211122946.jpg

20060211123010.jpg




とてもじゃないが...

138万人の中の一人にはなれねぇ。




名古屋麺屋横丁 新宿かまど


20060211122843.jpg

20060211122908.jpg



くんたまは香りと風味が微妙だ。特になかっても良いと思う。

なーんか一本調子の醤油味で飽きがくる。その上塩分高そうなのが厄介だ。

なかなか名作は生まれないもんだねぇ...

孫 恵文  【焼肉屋いちなん 代表取締役】

20060207112358.jpg




愛と友情が何よりの財産だと豪語する男。

とにかく人に対して、サービスすることが好きな性格なのだ。
ゆえに国境を問わず人脈が広がり、たくさんのフレンド、そして友情をがっちり固定資産している。

肉に対する情熱と研究心も非常に厚く、リーズナブルで美味しい肉やハム、
ソーセージにいたるまでをユーザーに提供している。

お店で孫氏に「うまい!!!」と絶賛してみよう。
その言葉を聞いた瞬間、孫氏の脳内回路はその客に出すオマケを探していることだろう。


焼肉屋いちなんのサイト

高野 雅和  【店創匠家】代表取締役

20060207150112.jpg



勘違いしないように注意してほしい。彼はカタギの人間だ(笑)

高野氏が代表取締役を務める【店創匠家】とは空間プランナーである。

彼が京都で手がけた代表的な店舗といえば、

(BAR K6)(クレセント)(焼肉処 弘 先斗町・祇園店)
(K屋)     (イタリアンamedio)...

見た目からは全く想像できない匠とセンスを生かすビジネスをしている。

マサヤン!近々ガッツゥ~ンといわしに行きまひょか!



 | HOME | 

Calendar

« | 2006-02 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

♂♀さとっちゃん♀♂

♂♀さとっちゃん♀♂

京都府出身

趣味:Bグル・BAND活動・温泉でまったり

【BACK-LARD 】-VO.


ブログ内の評価及び批判は全く管理人個人の趣向・感性によるものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。