♂♀さとっちゃんねる♀♂

 京都のラーメンを中心とする「京都ネタ」を中心にアップしておりまする。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中川五郎

34888314_1763119714.jpg
フォーク好きなら一切の説明が要らない「中川五郎」。

【オフィシャルサイト】http://www.goronakagawa.com/


ナオちゃん事、藤村直樹はんと共にランチタイム。

実物の中川さんは顔のパーツが若き日のジミーペイジに良く似ている。

昼間からワインをガッツリ呑んでおられますた!

34888314_599456823.jpg




オレ「金髪染めは頭皮痛くないっすか?」


中川はん「いやぁ~ 気持ちいいっすょぉ!」

めちゃめちゃフランクな中川五郎はんでした。






【中川 五郎】

1960年代後半に、関西を中心に起きたフォークミュージックのムーブメント「関西フォーク」の代表的人物の一人。 京都などで行われた「フォークキャンプ」などでメッセージ色の強い曲を歌い始める。 関西「フォークの父」高石ともや、「フォークの神様」岡林信康、東京から京都に来た高田渡に続く高石音楽事務所のプロテストソング歌手の末っ子的存在だった。

1967年3月、当時、大阪府立寝屋川高等学校の3年生であった中川はベトナム反戦講演会に参加。ゲストで来ていた高石ともやの歌に衝撃を受け、自身も歌を作っていると高石に話しかけたのが最初の出会いである。以来、中川は高石に連れられて様々な会を一緒にまわるようになったがきっかけとなり、フォークシンガーへと進んでいく。

中川五郎が広く知られるきっかけの一つに高石のヒット曲"受験生ブルース"がある。この曲は、中川の詞に高石が人懐っこいコミカルな曲をつけ有名になるが、中川の原曲は、ボブ・ディランの「ノース・カントリー・ブルース」に中川がオリジナルの詞をつけたものだった。 小室等のグループ六文銭とのカップリングアルバム『六文銭・中川五郎』でURCレコードからデビューする。 続いて『終り はじまる』をリリース。

1970年に「歌手廃業」を宣言し、URCの機関紙「フォークリポート」の編集者となるが、その最初の号「冬の号」がわいせつ容疑で押収され、中川はわいせつ文書販売同所持事件の被告人となり、裁判は7年続く。その内容は中川の著書「裁判長殿、愛って何?」に詳しく書かれている。

この「フォークリポートわいせつ裁判」で1970年代前半を棒に振り、1976年妻・青木ともことの生活や愛猫の死などを描いた傑作『25年目のおっぱい』をリリース。 だが、1978年『また恋をしてしまったぼく』(ベルウッド・レコード)を最後にアルバムリリースが四半世紀途絶えることとなる。

その後は、80年代には雑誌『BRUTUS』の編集を担当。また、音楽評論家、ロックの訳詩家、チャールズ・ブコウスキー等の先鋭的な文学作品の翻訳家として知られるようになる。

2004年に、待望の新作「ぼくが死んでこの世を去る日」がoff noteからリリースされた。なお、デビュー当時から、2004年にいたるまで地道にライヴ活動は続けていた。

また、フォークキャンプ、中津川フォークジャンボリー、春一番コンサート、ホーボーズコンサートなど多くのイヴェントの音源が残されており、、彼の活動の一端を窺い知ることができる。 彼はまた、「田舎五郎と魚」、「ヴァギナ・ファック」などのグループも、編成していた。

中川は他に、洋楽の訳詞や、解説の執筆もしている。キング・クリムゾンの"レッド"など。


エピソード [編集]
中川五郎とジ・オックスの岡田史郎とは中学時代の同級生であり、二人は史朗、五郎として有名人であった。

沢知恵がアルバム「いいうたいろいろ2」で、「三十才の子供」、アルバム「わたしが一番きれいだったとき」で「自分の感受性くらい」をカバーしている。


ディスコグラフィ [編集]
中川五郎・六文銭(1969、URC)
終り はじまる(1969、URC)
25年目のおっぱい(1976、フィリップス)
また恋をしてしまったぼく(1978、ベルウッド)
ぼくが死んでこの世を去る日(2004、off note)
そしてぼくはひとりになる(2006、シールズ・レコード)

著書 [編集]

小説 [編集]
愛しすぎずにいられない マガジンハウス, 1992.10
渋谷公園通り KSS出版,1999.2
ロメオ塾 リトルモア,1999.5

エッセイ集 [編集]
『フォークは未来をひらく』高石友也,岡林信康,中川五郎 社会新報,1969
『裁判長殿、愛って何?』晶文社,1982.1
『未来への記憶 中川五郎的音楽生活』話の特集, 1986.4.)
『友人のような音楽』中川五郎,永井宏 アスペクト,2001.8

翻訳 [編集]
『ハワイアン・スラック・キイ・ギター』ケオラ・ビーマー ミュージックセールス, 1978.2
『ロック・クオーツ』ジョナソン・グリーン クイック・フォックス社,1978.5
『クラレンス・ホワイトのギター』ラス・バレンバー ミュージックセールス, 1978.12.)
『ポリスクロニクルズ』フィリップ・カミン シンコー・ミュージック, 1984.6.)
『ブルース・スプリングスティーン写真集』マーティ・モンロー シンコー・ミュージック, 1984.12
『ホールアンドオーツ詩集』 シンコー・ミュージック,1986.1
『U2詩集 ヨシュア・トゥリー』シンコー・ミュージック,1988.5
『マーク・ボラン詩集 ボーン・トゥ・ブギ』シンコー・ミュージック,1988.6
『モリッシー詩集』シンコー・ミュージック, 1992.4
『詩人と女たち』チャールズ・ブコウスキー 河出書房新社,1992.8(のち文庫)
『くそったれ!少年時代』チャールズ・ブコウスキー 河出書房新社 1995.9(のち文庫)
『ブコウスキーの酔いどれ紀行』チャールズ・ブコウスキー 河出書房新社, 1995.12(のち文庫)
『メイキング・ラブ』リチャード・ローズ 文芸春秋, 1996.3
『死をポケットに入れて』チャールズ・ブコウスキー 河出書房新社,1999.2(のち文庫)
『ブコウスキー伝 飲んで書いて愛して』ハワード・スーンズ 河出書房新社, 2000.5
『ぼくは静かに揺れ動く』ハニフ・クレイシ アーティストハウス 2000.7
『ミッドナイト・オールデイ』ハニフ・クレイシ アーティストハウス 2001.10
『ブコウスキー・イン・ピクチャーズ』ハワード・スーンズ 河出書房新社, 2001.11
『グランドセントラル駅・冬』リー・ストリンガー 文藝春秋,2001.11
『パパは家出中』ハニフ・クレイシ アーティストハウス 2003.6
『天使はポケットに何も持っていない Modern & classic』ダン・ファンテ 河出書房新社 2004.7
『ボブ・ディラン全詩集 1962-2001』ソフトバンク,2005.11
『彼はぼくの恋人だった』ダグラス・A・マーティン 東京創元社 2007.8
スポンサーサイト

村岡 奈 【KBS京都テレビ制作局ディレクター】

20060420122049.jpg


村岡 奈と書いてムラオカ ダイと読む。


かれこれ12年以上のつき合いになるかなぁ。

温厚で物静かな性格ながら、映像を捉える感性はさすがに鋭い。

スポーツグループディレクターだけあって、
京都パープルサンガのチームや選手にも当然事情通である。


オイラの従妹にKBS競馬中継のアシスタントをしている女の子が
いるのだが、彼女の面接をしてくれたのは、この村岡 奈氏だった。

仕事上、交友関係もえげつなく豊富で公表はできないが、
その内の一人としてランボルギーニ・ミウラやカウンタック、F40を所有する有名メカニックなどもいる。

彼の引き出しはとてつもなくデカイが自分でこじ開けることはしない。
あくまでも相手方が望むなら、そっと村岡ワールドを魅せてくれる。

ちょっとシャイなディレクターなのである。


奈ちゃん!久しぶりにキャラバンいこか(笑)

伝説のsuper lockdancer 木戸隊長&PANちゃん

20060307150114.jpg


Lフォーム、キャンベロック、ブギーウォーク...

これらは全てオールドスクールと呼ばれるダンスのキメ技の名称だ。

これらの技のセンス、角度、流れるようなルーティーンのかっこよさに、
「SAMEか隊長か?」「スキーター・ラビットか隊長か?」と世間では両者のスキルとセンスに囁いたものだ。

アバクロンビー&フィッチを全身にまとい、遠路はるばる我が家に遊びに来てくれた。

PANちゃんは子供と遊ぶのもどこかリズミカルですぐに仲良しになってしまう。

この両者に大人達が惹きつけられるのも当然だろう。

「京都で唯一のプロスポーツチームのサンガを応援したい」との考えで、
アウェィで試合するサンガをモニターで応援できるスペースを模索中。

きっと楽しいスポーツバーが、いや大人の遊び場がまた一つ京都に生まれる日も近いことだろう。


孫 恵文  【焼肉屋いちなん 代表取締役】

20060207112358.jpg




愛と友情が何よりの財産だと豪語する男。

とにかく人に対して、サービスすることが好きな性格なのだ。
ゆえに国境を問わず人脈が広がり、たくさんのフレンド、そして友情をがっちり固定資産している。

肉に対する情熱と研究心も非常に厚く、リーズナブルで美味しい肉やハム、
ソーセージにいたるまでをユーザーに提供している。

お店で孫氏に「うまい!!!」と絶賛してみよう。
その言葉を聞いた瞬間、孫氏の脳内回路はその客に出すオマケを探していることだろう。


焼肉屋いちなんのサイト

高野 雅和  【店創匠家】代表取締役

20060207150112.jpg



勘違いしないように注意してほしい。彼はカタギの人間だ(笑)

高野氏が代表取締役を務める【店創匠家】とは空間プランナーである。

彼が京都で手がけた代表的な店舗といえば、

(BAR K6)(クレセント)(焼肉処 弘 先斗町・祇園店)
(K屋)     (イタリアンamedio)...

見た目からは全く想像できない匠とセンスを生かすビジネスをしている。

マサヤン!近々ガッツゥ~ンといわしに行きまひょか!



 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

♂♀さとっちゃん♀♂

♂♀さとっちゃん♀♂

京都府出身

趣味:Bグル・BAND活動・温泉でまったり

【BACK-LARD 】-VO.


ブログ内の評価及び批判は全く管理人個人の趣向・感性によるものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。